Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

ブーメラン世界大会日誌2012

ブーメラン世界大会日誌2012<その1> 「いきなり空港でヘイ!ヘイ!ヘイ!」

 ブラジルで開催された、第15回「World Boomerang Championships」(ブーメラン世界大会)から、もう10ヶ月以上過ぎ去っている。

 鮮明だった記憶も随分と薄れてしまった。

 どの様に書き進めたらいいのか、、と迷っていたのだが、

 僕のiPhoneの中に、ブラジルの写真が大量に残っていたので、今回は、その写真を古いものから順番に紹介して行く形で進める事にする。

 おっと、

 iPhoneのメモ欄に「ブラジル日記」ってのもあったので、まずそれを転記させて戴く。

 2012年10月17日(7:49)

 「成田→ニューヨークまで12時間。ヘトヘト。JFKでのトランジットに時間がかかる。 近藤さん、ロビーで爆睡。」

 これだけ、、(^^;)

 ほんと、、もう少し書いとけばよかった。

 さて、

 ニューヨークからブラジルのサンパウロまで、さらに10時間くらい飛行機に乗って、ブラジルに着いた。

 サンパウロの空港で、アメリカの顔なじみの選手達と合流し、荷物を1カ所に集めて、立ち話となった。

 ↓こんな感じで荷物を置いていた。

 

 ここに、なんとなく選手っぽくない見慣れない奴がやって来て自分の鞄を置いた。

 (なんか変だな?)と思って僕は、その彼を見ていたら、

 バシッ!て感じで奴と目があった。

 奴の目が左右に揺れて、

 慌てて自分の荷物を掴み、その場を離れた。

 (めっちゃ怪しいやんけ〜!)と思い、さらに、そのあたりうろついていた奴から、僕は目を離さなかった。

 2,3分後、奴はまたさっきと同じ場所に鞄を置いて、

 素早く自分の鞄の横にあったバッグを持って立ち去ろうとした。

 「ヘイ!ヘイ!ヘイ!」と僕は叫び、奴を睨み付けた。

 そいつは「ソーリー!ソーリー!ミステーク!ミステーク!」と言いながら、慌てて盗もうとした鞄を手放し、自分の鞄を抱えて走り去った。

 ※この時の記憶は鮮明に残っている。(笑)

 奴が盗もうとした鞄は、アメリカのグレッグ・スノーファーの物で、中には、パスポート、現金、クレジットカードが入っていたそうだ。

 ↓鞄を盗まれかけた、グレッグ。
 
 

 本当に、間一髪であった。

 ブラジル恐るべし、、、。

 この「サンパウロ空港置き引き未遂事件」のおかげで、ブラジルでの僕は、随分と用心深くなってしまった。
  • 2013.08.29 Thursday
  • 12:43

ブーメランイベント

ブーメランジャパンカップの写真

 8月3日(土)4日(日)に、千葉県野田市で開催された「ブーメランジャパンカップ」の写真を3枚UPさせて戴きます!

 ↓大会終了後の記念写真です。

 

 ※後方一番左が私です。 (写真提供こてつ氏)

 ↓左(武富選手)中央(近藤選手)右(米谷選手)

 

 ※総合優勝(近藤選手)2位(米谷選手)3位(武富選手)

 ↓千葉ブーメラン協会の3人です。

 

 ※大変お世話になりました。また、よろしくお願いします!(^^)/
  • 2013.08.27 Tuesday
  • 14:05

ブーメランイベント

ブーメランジャパンカップ2日目「エンデュランス」

 ブーメランジャパンカップ2日目。最終種目はエンデュランス。

 「エンデュランス」は、20m飛行させたブーメランを、5分間に何回キャッチするかを競う種目だ。

 たかが5分。されど5分。

5分間全力でブーメランを投げ続けると言うのは、なかなかキツい。

 ブーメランを転がしてしまって、そのブーメランを拾いに走ったり、、キャッチしたかと思ったブーメランをポロリと落としたりしたら、、そのキツさは倍増する。
 
 倍返しだ!(意味が違うか、、)

 さて、、

 エンデュランスは、今回最初からRed Comet(赤い彗星)を使う予定で、予定通り使用した。

 ↓Red Comet

 

 ※ブラジルの世界大会でもこのブーメランを使って、そこそこ風がある中で35キャッチ(多分1ドロップ)だった。

 1分間の練習が終わり、競技スタート!

 この日の風はブラジルの時よりも弱かったので、回数では無く、ノードロップを目指して投げ始めた。

 出足は快調でいい感じだったが、少し風が出て来てブーメランが後ろに流される様になった。

 25回目くらいの時、目の前に飛行機が現れた!

 グライダーだったか、小型のプロペラ機だったか?とにかく、飛行機がどんどん迫って来て、

 1番近づいた時に、思わずブーメランを投げる方向をずらしてしまい、ブーメランは大きく後方へ流された。

 (これで落としたらやり直し出来るかな?)と、その時思ったが、3分以上投げていたし、やり直しなんてしたくない。

 で、必死に追いかけて、なんとかキャッチ!

 その後、風は安定したが、ちょっと疲れて来た、

 「力入れて!40回まで行きましょう!」と近藤さんの声が、、

 (よし、40回だ!)と思って頑張ったが、

 39キャッチでタイムアップとなった。

 「素晴らしい!」と近藤さん、「ノードロップ!」と天野君が声を掛けてくれ、(結構頑張ったな俺、、)と思っていたのだが、、。

 他のみんなの方が頑張っていて、順位は11位。

 優勝は近藤さんの66キャッチだった。

 (近藤さんの方が本当に素晴らしいよ、、)

 総合優勝も、近藤さんで、2位は米谷選手。3位には武富選手が入った。 (僕は総合10位でした)

 ↓近藤選手(ジャパンカップ4連覇中の世界最強女子)

 

 ※ブーメラン競技の解説はコチラ→http://www.boomeran-shop.com/?mode=f3
  • 2013.08.26 Monday
  • 17:31

ブーメランイベント

ブーメランジャパンカップ2日目「ファーストキャッチ」

 ブーメランジャパンカップ2日目。2種目目はファーストキャッチ。

 1週間前の練習では、スナイパーG3(3枚翼FC)がまずまず好調だったのだが、千葉に来てからうまく戻せなくなっていた。

 ↓スナイパーG3

 

 暑さでチューニングが狂ってしまったのか?MTAやトリックで投げがおかしくなったのか?長旅の疲れのせいか?この日の風がよくないのか?理由はよく分からないが、よくある事だ。


 


 3枚翼のFCブーメランは、いきなり戻り出す事もあれば、その逆もある。

 2日目、最初の種目がアキュラシーで、朝の自由時間はず〜っとアキュラシーの練習に当てた。

 アキュラシー終了後、10分間の練習時間があると思っていたのだが、急遽無くなってしまった。

 この10分間があれば、、また、朝のうちに修正が出来ていれば、スナイパーG3を使えたかも知れないが、、。

 そんなこんなで、ファーストキャッチの1回目は、

 4枚翼のRed Comet(赤い彗星)を投げる事にした。

 ↓Red Comet

 

 4枚翼のブーメランは、いろんな風に対応が出来て、急に戻らなくなるって事はまずない。

 1回目は、何度か風で後方に流されたが、無難に5キャッチして34秒台だった。

 2回目の直前練習(1分間)の1投目に、スナイパーG3を投げたのだが、戻りきらなくて転がってしまった。

 それまで戻らなくても、直前のスローで急に戻り出すって事もたまにあるのだが、この日はダメだった。

 「もういい。これで行きます!」とRedCometを手にしたら、

 「えっ?さっき5キャッチしたのに?もったい無くないですか?」と主審の井上君に突っ込まれた。

 「3枚翼、練習出来てないねん。さっき後ろに流されてたから、少しでもタイムを縮めるわ」

 そのつもりで投げ、さっきの回よりだいぶ中心で5回連続キャッチが出来た!

 3秒くらいは縮めたかなと思ってタイムを聞いたら。

 「33,36秒です」

 僅か1秒の短縮だった。(^^;)

 順位は10位。

 練習不足が如実に出ました。

 練習で確実に戻せる3枚翼が4,5本あれば、そのうちの1本くらいは、試合でも戻って来るのですが、今回、試合に使えるレベルにあったのはG3のみ。

  そのG3が使えなかったってのが、この日の敗因ですね〜f(^ー^;

 ※FC種目の優勝は濱口選手で、タイムは19,88秒。

 ※ブーメラン競技の解説はコチラ→http://www.boomeran-shop.com/?mode=f3

  • 2013.08.26 Monday
  • 14:15

ブーメランイベント

ブーメランジャパンカップ2日目 「アキュラシー2位の秘密」

 ブーメランジャパンカップ1日目の夜。宿舎のホテル近くで複数の花火大会があって、夕食のレストランの窓から、3つの会場の花火を眺める事が出来た。

 「ちょっと外で見ませんか?」と言う米谷選手の提案で、武富選手と僕の野郎3人はホテルの外に出て、花火の音と匂いを楽しんだ。全然ロマンチックじゃない、ジャパンカップの思い出だ。(笑)

 翌日、8月4日(日)。ブーメランジャパンカップ2日目。

 この日の最初の種目はアキュラシー。ブーメランを投げて20m飛行させ、投げた場所に落とすと言う競技だ。

 半径2m円を中心に、2m毎に10mまでラインが引いてあって、中心の半径2mの円内からブーメランを投げる。

 昔は、一人5投だったが、7,8年前から一人10投になった。

 ポイント制で満点は100点だ。

 昨日の夜小雨が降ったのか?ラインが消えていて、京大生達がラインを引き直してくれていた。

 一瞬、僕も手伝おうかなと思ったが、目の前で近藤さん(現ブーメラン日本チャンピオンのスーパー女子)が黙々と練習をしていて、また、絶好調な感じだったので、負けじと練習を続けさせて戴く事にした。

 アキュラシーも僕の得意種目で、ここ数年、投げるブーメランは「ビッター5」に固定している。

 ↓ ビッター5です。

 

 この「ビッター5」だが、本当は「バイター5」である。

 ゴルフで、タイガー・ウッズがグリーンに向かってショットを打った後「バイト!」と叫ぶ、そのバイトだ。

 僕が最初に「ビタッと止まるからビッターだ!」などと、勝手に語呂合わせをして名付けてしまった。 当時「バイト!」と言う言葉はメジャーじゃなかったしね。

 話が横道に外れてしまったが、僕は当然その日もビッター5で練習をしていた。

 これ1本でほぼ全ての風に対応出来るのだが、(輪ゴムは付けたり外したりする) 今朝はあまりにも風が無くて、ブーメランが戻りきらない。

 ブーメランを横に寝かす事で足元近くまでは来るのだが、10点じゃないし、寝かすと距離も少し不安になる。

 実は、無風(微風)の時は、あまりアキュラシーの練習をしない。北九州では無風になる事は少なく、そんな時はチャンスとばかりに高速FCを投げる。

 そんなワケで、無風(微風)では、あまりビッター5を投げていなかったのだ。

 随分前、無風時にあるFCブーメランを投げて、なかなかいいアキュラシーになった事を思い出し、たまたまそのブーメランを持って来ていたので、ちょっと練習をしてみた。 

 少し内巻きするが、まずますだった。輪ゴムを1本巻いたら、さらにいい感じになった。

 普段、このブーメランはアキュラシーとしての練習はしておらず、そんなブーメランを使うのは不安でもあったが、直前の風でどちらを使うか決める事にした。

 本番。

 風は弱く、ここは思い切ってFCの方を使うことにした。(勘と言うか、、ギャンブルですね〜笑)

 一度前に落としてしまう5点の失敗があったが、9投目までで、78点を獲得していた。

 その時、78点だとは分かっていないが、いい成績であると言う事は自覚していて、

 最後の1投。大きなミスをしない様に、少し押さえて投げてしまった。

 結果は8点で、合計86点!

 かなりいい成績だったが、

 優勝は近藤さんで、得点は88点。

 86点は2位だった。

 最後の1投、、前に落ちてしまったので、、押さえずに攻めていったら、10点だったかも知れない、、。

 前回ジャパンカップのFC2位の時も近藤さんが1位だった。

 FCは僕の得意種目ではないので、その時は悔しくも何ともなかったが、今回は少し悔しかった。

 少し前から「種目別で優勝出来たら、競技ブーメランを引退する」と公言しているが、、

 なんだか、このままず〜っと引退出来ない様な気がします、、orz

 今回のブログタイトルは「アキュラシー2位の秘密」ですが、何が秘密かと言うと、この日僕がアキュラシーで使っていたブーメランを秘密とさせて戴きます。

 将来アキュラシー種目で優勝する為の秘密兵器になるといいな〜(^^ゞ (なんてね)

 ※秘密兵器のヒント ・・・ 廃盤になったブーメランです。

 ※ブーメラン競技の解説はコチラ→http://www.boomeran-shop.com/?mode=f3
  • 2013.08.23 Friday
  • 18:42

ブーメランイベント

ブーメランジャパンカップ初日(トリックキャッチ&ダブリング)

 初日最終種目は、トリックキャッチ&ダブリング。体の硬いオヤジには厳しい種目である。

 僕も体の硬いオヤジなので、この種目苦手なのだけど、MTAの10倍以上は練習していて、トリックキャッチ・シングル(1本のブーメランを使用)は、練習ではそこそこキャッチ出来ている。※片手背中と足キャッチは除く。

 シングルはアウリガ(FW)を使用した。

 ↓コレです。

 

 ノーマルアウリガと比較して、キャッチのし易さはあまり変わらないが、(背中はノーマルの方が楽かも) FWの方が飛距離を出しやすい。

 今まではず〜っとノーマルを使っていたのだが、風が強い時にショート(距離不足)を宣告された事があって、今回は練習の段階からこのFWを使用していた。

 この日の風は、僕が投げているうちにだんだん強くなって来ていたので、FWのチョイスは正解だった様に思う。

 さて、、

 1投目(左手片手)・・・成功!(2点

 2投目(右手片手)・・・成功!(2点)

 3投目(両手背中キャッチ)・・・失敗(0点)

 ※背中に手が回らない僕は、背中キャッチは両手も苦手です。(^^;)

 4投目(両手股下キャッチ)・・・失敗(0点)

 5投目(イーグルキャッチ)・・・成功!(4点)

 6投目(ハッキーキャッチ)・・・失敗(0点)

 7投目(トンネルキャッチ)・・・成功!(6点)

 8投目(片手背中キャッチ)・・・失敗(0点)

 9投目(片手股下キャッチ)・・・成功!(7点)

 10投目(足キャッチ)・・・成功!(10点)

 シングルの合計は31点。まずまずである。

 と言うか、試合で足キャッチを成功させたのは、これで3回目なので、上出来と言ってもいい。

 僕の足はかなりO脚で、シュートパンツだとブーメランを脚で挟んでも、するっと抜け落ちてしまう事が多い。

 なので、この日はこのトリックの時だけロングパンツを履いて、O脚をカバーした。(ロングパンツがストッパーになってブーメランが抜け落ちにくくなるのだ)

 作戦成功ですね〜(^^ゞ

 さて、、

 次はダブリングなのだが、、

 ダブリングに入って風がさらに強くなり、ブーメランをコントロールする事が出来なくなってしまった。

 1回、ショートと言われてしまい、その事でさらに「投げ」が乱れた。

 ダブリングで成功したのは、2投目(左手片手&ハッキー)の左手片手のみ、、

 つまり、、

 得点は、2点のみ、、orz
 合計は33点で、順位は9位だった。

 1日目の総合順位は10位。

 正直、予想以上の出来である。

 ほとんど練習出来ていない割には、体はよく動いてくれた様に思うし、暑さにもまったくバテなかった。

 発掘の仕事で、炎天下汗水垂らして働いていたので、自然と基礎体力がアップされていたのだ。

 この日のホテルは武富選手と同室(2人部屋)であった。

 この時に、昨日書いたオージーのジャンピングキャッチの事を聞くことが出来たのだ。

 今、武富選手はオージーで3枚翼を使っているが、それは、ジャンプをする事も考えての使用でもあるとの事。

 ※ジャパンカップのオージー優勝は武富選手で、得点は81点でした。

 2日目につづく

 ※ブーメラン競技の解説はコチラ→http://www.boomeran-shop.com/?mode=f3
  • 2013.08.22 Thursday
  • 18:58

ブーメランイベント

ブーメランジャパンカップ初日(MTA・オージーラウンド)

 8月3日、新宿。 朝、9時30分。

 前日に発掘とネットショップの仕事をちゃんとやった後の高速バス13時間は、ボディブローの様にズシンと重く効いていて、しばらく体が揺れている様な感じが抜けなかった。

 新宿でNさんと待ち合わせして、山手線で秋葉原へ。そこから、つくばエクスプレスで千葉県の某駅着。(諸事情により某駅とさせて下さい)

 駅にはTさんがレンタカーで迎えに来てくれていた。駅から大会のグラウンドまで結構距離があったので、非常に助かりました。(Tさん、ありがとう!)

 会場は河川敷で、千葉県ブーメラン協会の皆さんが大きな日除けテントをたててくれていた。(椅子とテーブルも拝借し2日間快適でした。m(__)m)

 参加者は17名と少なく、、いや、1名来れなくなったので、16名。

 25人くらいは来ていると思っていたので、ちょっとガッカリしたが、(最下位でも16位やね)とも思う。(笑)

 初日の1種目目は、MTA。僕が最も苦手とする種目だ。

 世界大会では、今まで不思議となんとかなっていたが、国内の大会ではほぼ毎回ボロボロ。

 今回は、まず、ブーメランの調整が出来なかった。MTA(特に2枚翼)は、投げながらの調整が必要なのだが、1本も調整が出来ていない。

 唯一、調整がほとんどいらない3枚翼のカーボンだけを、直前練習で投げ込む。

 この練習はまずまずで、20秒を超えるタイムも出ていました。

 しかし、本番では、、

 1投目、墜落。

 2投目も投げミスでちゃんと飛ばなかったけど、なんとかキャッチだけはして13,67秒。

 3投目、墜落。

 4投目、投げミス&ドロップ。(キャッチしてても15秒程度)

 5投目、見事に墜落。

 5投全部、ブーメランを寝かしてしまってました。分かっていても直せない悪い癖です。(練習では寝かさず上手く投げれていたのに、、、)

 13秒くらいなら、トリガータイプのを投げた方が良かったかも知れませんが、、とにかく、チューニングが出来ていなかったのでね、、。

 結果は16人中13位と、かなり最悪に近いスタートでした。

 2種目目は、オージーラウンド。

 オージーは僕の得意種目で、何というか、今までの蓄積もあるので、練習不足でもなんとか格好を付ける自信はありました。

 直前の練習でも絶好調で、これはいけるかもと期待していたのだけど、、

 1投目、49mくらい飛んだブーメランは10m円内に入り、あとはキャッチするだけ。

 ここで、ブーメランをジャンプしてキャッチし、少しでもアキュラシーポイントを稼いでやろうと言う色気が出てしまい、ジャンピングキャッチ!

 するも、ブーメランをはじいてしまいキャッチ失敗。キャッチポイントの4点を失う。「MASAさん、何してるんですか〜?」と近藤女子に失笑されるが、このジャンピングキャッチ、実は密かに練習をしていたのだ。

 ブラジルの世界大会で、本田選手がアメリカの某若手選手から、

 「何で日本人はジャンプしないんだ?おまえ達はチキンか?」みたいな事を言われているのを聞いて、

 「よっしゃ!ジャンプしたろうやないけ!!!」と、何故だかしらんが、その時思ってしまったのだ。(本田君でも無いのに、、(^^;))

 で、密かにジャンピングキャッチの練習を積んでいたのだが、、

 僕は、この時、自分のミスにまだ気付いていなかった。

 練習では3枚の「アクセルオージー」を使っていて、ジャンピングキャッチをサクサクと成功させていたのだが、

 今投げているのは、変形2枚翼の「TONO」だと言う事を。

 そう、今まで「TONO」を使ってジャンピングキャッチをした事が無かったのだ。

 ↓ジャンピングキャッチを練習していたのがコレ。

 

 ↓ジャパンカップで投げていたのがコレ。

 

 2投目を投げる前に、

 「いや〜慣れない事をやるとあかんな〜次は普通に取るよ」と言っていたにも拘わらず、

 2投目、今度は50mを超えて飛んでくれたブーメランが、またもや10m円内に!

 ジャンピングキャッチのイメージは完全に出来上がっている為、思わず体が動いてしまい、ジャンプ!

 そして、ドロップ、、、。

 同じ事を2度も繰り返してしまった。

 またもや、近藤女史から「MASAさん、何しとんですか〜!」と今度は愛媛弁で叱責された。(苦笑)

 3投目は、50m飛んで、10m円内から外れたので、ジャンプする必要は無く、普通にキャッチして。10点。

 4投目と、5投目も無難にキャッチした。

 合計得点は53点で、順位は6位だった。

 タラレレバになるが、ジャンプしていなければ最低でも+8点の61点。

 この点数だと、4位タイになっていた。

 なんてバカな、、。

 これは、後から武富選手に聞いた話だが、アメリカ人達がジャンプするのは、キャッチしやすい3枚翼やファジータイプのブーメランを使用している奴が多いからとの事で、

 「TONOとか2枚翼は、普通にキャッチしても落とす事があるのに、ジャンプなんかしたらダメですよ」と、注意されてしまった。(^_^;)

 つづく

 ※ブーメラン競技の解説はコチラ→http://www.boomeran-shop.com/?mode=f3
  • 2013.08.21 Wednesday
  • 19:32

ブーメランイベント

ジャパンカップに参加するまで、、

 8月3日、4日の2日間、千葉県の野田市でブーメランのジャパンカップが開催された。

 この大会は、来春オーストラリアのパースで開催される「ブーメラン世界大会」の予選会で、予選会は3度開催され、3回のうち成績がいい2大会の順位の合算で、世界大会のメンバーが決定される。

 1回目の予選は春に京都で行われていたが、僕はそれには参加しなかった。

 様々な事情もあったが、モチベーションが上がらなかったのが不参加のメイン理由だ。

 ジャパンカップへの参加も迷っていた。

 この大会に参加しなければ、世界大会への道は閉ざされてしまうのだが、、

 (それでも、いいじゃないか?俺は、旭川、シアトル、ローマ、そして予定外のブラジルまで楽しんだ、、)

 (今度は2週間も発掘の仕事を休めない。2週間も休むとネットショップも大打撃を受ける。家族の機嫌も悪くなるしな、、)

 (諦めるのは簡単だ、、千葉へ行かなければいいだけだ。1秒の決断で済む、、)

 と言う感じで、(参加しない)という心の声の方が勝っていのだが、

 とりあえず、交通手段だけ調べてみようと、まずはネットで飛行機のチケットを調べて見た。

 最安で、片道2万4千円のチケットしか残っていなかった。夏休みだからかな、、往復4万8千円は、、ダメだ。

 次に高速バスを調べて見たら、

 西鉄バスが早割で片道1万2千円!安くなってる!

 ※以前利用した時は片道1万5千円だった。

 えっ!北九州に停まるぞ〜!

 ※以前は福岡にしか停車しなかった。福岡へ行くのもそうだが、東京からの帰り、北九州を通り越して福岡へ行き、またそこから北九州へ戻るその1時間が超苦痛であった。

 空席を調べてみたら、、

 行き(2日の夜)も帰り(4日の夜)もチケットがあった。

 で、その2つを予約して、この日(7月10日)ジャパンカップへの参加が急遽決定した。

 僕の心の声のさらに奥から、

 <諦めるのは簡単だが、諦めるばかりでは何も起こらない>と言う声が響いていたのだ、、

 と言うわけで、

 ブラジルから戻ってからまったくしていなかったブーメランの練習を再開。

 と言っても、「発掘」の仕事の後にブーメランを投げる体力は残っておらず、土日だけだけどね、、いや、、2日発掘を休んでブーメランの練習に当てたけど、、それでも、練習期間は10日未満だった。

 こんなに少ない練習で大会に参加するのは、今まで1度も無かった。こんなんじゃ何も起こらないだろうけど、、今回は最下位でもいい、、少なくとも、、とりあえず、パースへの切符を逃す事だけは避ける事が出来る。8月2日、そんな気持ちで、僕は黒崎から高速バスへと乗り込んだ。
  • 2013.08.21 Wednesday
  • 13:50

ブーメラン日記

ブログ復活します!(^^ゞ

 随分長い間、告知なしに休眠状態になっていた「ブーメランBLOG」ですが、

 本日再開させて戴きます!(^^ゞ

 こんなに長い間ブログを更新出来なかったワケは、、

 「発掘」です。

 ブラジルで開催されたブーメランの世界大会の資金を捻出する為に始めた発掘の仕事を、ブラジル後も続けていました。

 「発掘」は昔から興味があって、なかなか面白い仕事なのですが、体力的にはハードで、帰ってからネットショップ「ブーメランのお店」の発送作業をするのが精一杯。

 ブログの更新まで手が回らなかったのです。

 8月12日で、その仕事が一段落付いて、1ヶ月間の夏休みに入りました。

 やっと体の疲れも抜け、

 「ブログ」を再開させる気力が戻って来ました!!

 と言うワケで、再開です!

 明日は、「ジャパンカップ」の事を書きます。

 「ブラジル」は、、その後かな〜(^^;)
  • 2013.08.20 Tuesday
  • 14:33

ブーメラン世界大会日誌2012

ブーメラン世界大会日誌2012<その0> 「本当は完全に諦めていたブラジル」

 「ブラジル世界大会日誌を書いてください!」と言うご要望が、ちらほらありましたので、ぼちぼち書いて行こうと思います。

 まず最初に、ブラジルへ行くまでの葛藤を、、

  正直なところ、ジャパンカップが終了するその日(7月15日)まで、ブラジルへ行く気持ちは皆無でした。

 親しい友人にも、「残念だけど今回はパスする」と言っていました。

 まず、お金が無かった。

 そして、そんな状況で、ブラジルへ行くなんて家族の理解を得ることが出来ないと思っていた。さらに、ブラジルは遠かったし、治安がもの凄く悪いと、いろんな人から脅されていた。

 三重苦ですね。(苦笑)

 そんな中で、世界大会最終予選のジャパンカップが、地元北九州市で開催されたのであります。

 世界大会へ行こうと言う気持ちが無かった訳ですから、練習もあまり出来てはいませんでした。

 ところが、

 ファーストキャッチ種目で神風が吹きました!

 と言うか、僕が投げる瞬間、それまで強かった風が一瞬弱くなったのです。

 その結果、

 自分自身過去最高の順位の種目別2位に!

 僕より上はジャパンカップを2連覇した、あの近藤選手のみです。

 気持ちが良かったのでしょうね〜(笑)

 村田さんからも「MASAさん、これはブラジルに行かないとダメですよ!」と煽てられ、

 選考メンバーの中にも入っていましたし、

 そのメンバー発表の場で、思わず

  「ブラジル行きます!」と言ってしまったのです。f(^ー^;

  ↓ジャパンカップ後の、集合写真です!

 

 ※ブラジルへ行く事を暗示しているかの様に、ブラジルのTシャツを着ているのが私です。

 ジャパンカップ後、

 不思議な事に、困難だと思っていた事が、困難で無くなって行きました。

 まず、家族からブラジル行きの許可をあっけなく得る事が出来ました。

 ブラジル行きの資金の方も、発掘の仕事が見つかったおかげで、難なく解消しました。治安の悪さへの不安はありましたが、

 とにかく、ブラジルへ行く上での問題は無くなったのであります。

 ただ、昼間、発掘の仕事。帰ってから、ブーメランのネット販売の仕事でしたので、ブーメランの練習はなかなか出来ませんでした。(^^;)

 次回から、本当の「ブーメラン世界大会日誌2012」がスタートします!

 お楽しみに!(^^)/く
  • 2012.11.30 Friday
  • 13:35