Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

ブーメラン練習ノート

ブーメラン練習ノート(2007秋季大会)「9月5日〜9月10日」

 濱口選手の「ブーメラン練習日誌」と比較すると、僕の方がオチになっちゃうでしょうけど、、「ブーメラン練習ノート」もUPさせて戴きます!(^^ゞ

 ※僕(MASA)の練習の記録です。濱口さんのじゃないですよ〜!

 9月5日(水)

 山口での合同練習会での疲れがなかなか抜けず、いやな頭痛も。今日から練習を再開したかったのだが、なかなか仕事が終わらずアウトドアでの練習を諦める。

 仕方なく、お店の前の広場でスカイランを使って30分ほどトリックキャッチの練習。何気にダブリングにチャレンジしてみたら、以外と簡単に出来てしまった。(戻すのはね。キャッチは難しいっす)

 9月6日(木)

 ブーメラン仮面のマスクの捜索やDVDを見る仕事(おいおい)の為、まったくブーメランを投げれず。濱口さんの練習日誌を見て、コレではいかんと思う。明日こそ、、。

 9月7日(金)

 急遽、明後日TVの撮影が決定。その準備やらなんやらで忙しく、今日も練習出来ず。明日は朝から遠賀川河川敷で練習の予定。

 9月8日(土)

 10時半〜遠賀川河川敷で練習開始。久しぶりにスナイパーG4で100キャッチ。その後、風が結構良かったので、勝負用FCにと考えているPP-Galeの投げ込み。低い軌道で落ちるかなと思っても粘りがあるのでサークル内で待てる。風が良ければ大会で使えそうだ。

 次はトリック。微風でTCスパイダーがいい感じ。シングルだけ最初から最後まで練習。足キャッチの成功は1回だけ。

 風が強くなって来たので、アキュラシーの練習に切り替える。X−FLYが流されるくらいの強風。トリフライ改良を強風用にチューンする。いい感じになり、ペットボトル当てにも成功!

 ※ペットボール当て・・・ブーメランを投げる半径2m円の中央に500mlのペットボトルを置き、投げたブーメラン(20m飛行)を戻してペットボトルに命中させる。(かなり難しいです)

 次はオージー。色々と投げたがかなり風が強く、僕のオージー(2枚翼)の中では1番風に強い九重を投げ込む。

 最後に、風用のFCの練習。スナイパーG4(強風用)で5キャッチして練習終了。1時15分。ほとんど休憩なしで正味2時間半。もう少し投げたかったけど、サッカーが来たのでグラウンドを明け渡たす。

 ※MTAだけ練習出来ず、、風がいい時にするべきでした。

 9月9日(日)

 12時〜16時半まで、TVQのお子様向けバラエティ番組「ばりすご☆ボイガー7」の撮影。最初から最後までブーメラン仮面の姿で、39兄さん&子供達とブーメランで遊ぶ。練習とは言えないかも知れないが、体重は1キロ減。

 9月10日(月)

 9時半〜MTAが投げれる某グラウンドにて練習開始。スナイパーG4で50キャッチ。(風がよく、スグにMTAを投げたかったので50にしました)で、MTAですが、、上手く上に上がってくれません。投げてて虚しくなり、風も出て来た為FCにチェンジ。しかし、肩の調子か?風の具合か?今日はどのFCブーメランも理想の軌道で戻らず。

 投げる方がダメなので、キャッチの練習をとトリック開始。左手片手〜足キャッチまで、途中トンネルキャッチでトンネルに入るが、なんとか足キャッチまで成功。 2クール目、またもやトンネルでトンネル。朝から何も食べてなくて、飲み物も水しかな飲んでいなかった為か?もの凄くしんどくなり休憩。

 風がさらに強くなって来たので、オージーに切り替え、オレンジモンスター(オレモン)のみ投げる。今日のオレモンは絶好調! 途中5投で点数を付けたら、全部アキュラシーポイント圏内に戻り、うち2回はブルズアイで5投ともキャッチ。飛距離が50mだとすれば、80点以上は出てます。(飛距離が40mの場合は70点台になります)

 ↓本日絶好調だったオレンジモンスター!

 

 熱中症かな?と思うくらいしんどくなり、キャッチしなくていいアキュラシーに練習を切り替えるも、20投が限界。11時練習終了。(練習時間:1時間半)

 ※ポカリスエットを飲まないと、スグにバテてしまう気がする。次回からはポカリを忘れない様にしよう。

 >>>>>>>>>>>>ヽ(^。^)ノ

 Many Happy Returns!


  • 2007.09.11 Tuesday
  • 21:03

Comment
Send Comment