Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

ブーメラン日記

ブーメランのニューゲーム誕生!

 遠賀川ブーメラン練習会(3月22日)

 遠賀川河川敷で毎月開催している「ブーメラン定期練習会」では、ブーメランで毎回いろんなゲームをして来たのですが、

 今日、初めてやってみた新しいゲームが、非常にエキサイティングでしたので、「ブーメランBLOG」で紹介させて戴きます。

 このゲームの名称は、とりあえず「アキュラシートリックキャッチ」略称は「ATC」とします。

 ATCのルールですが、

 参加人数・・・2人以上

 使用ブーメラン・・・20m以上飛行するブーメラン各自1本。※試合の途中でブーメランを変える事は可能。

 サークル・・・半径2m円一つ。(正式には20m円も必要ですが、仲間内で遊ぶ分には20mは自己申告でいいでしょう)

 参加者2名(A/B)として説明します。

 参加選手は、半径2mの円内から以下のポイントを獲得する為ブーメラン(20m以上飛行)を投げます。

 1ポイント・・・20m以上飛行し戻って来たブーメランをキャッチした場合。

 2ポイント・・・定められたトリックキャッチでキャッチした場合。(どのトリックキャッチを選ぶかで、ハンディを付ける事ができますが、最初はみんな片手キャッチがいいでしょう)

 3ポイント・・・半径2mの中心円内にブーメランを戻した場合。※アキュラシー種目の10点ですね。(ブーメランに触れてはいけません)

 ※中心円の中でキャッチした場合は1ポイントです。但し、以下のジャンピングキャッチを除きます。

 3ポイント・・・半径2mの中心円外を飛行しているブーメランを、円外からジャンプして空中でキャッチし、半径2mの中心円内に両足ともに着地できた場合。(ブーメランを落とすと0ポイント)

 A、Bが交互にブーメランを投げ、10点獲得した選手の勝ちになります。

 最終スローで、既に9点獲得しているA選手(先攻)が2点獲得し、トータル11点となった場合。

 B選手(後攻)は、最終スロー2点獲得で同点、3点で逆転となります。

 このゲームが面白いのは、アキュラシーを狙ってギリギリのところで0ポイントになったり、アキュラシーに入っているのにキャッチしてしまったり、逆転を狙ってトリックキャッチをトライして失敗したり、と様々なシチュエーションを楽しむ事が出来る事です。

 確実にキャッチするのか、トリックで攻めるのか、ジャンプして3点を狙うのか?

 実際、今日遠賀川でやったマッチも、最終スローで、僕がトリックキャッチで2点獲得して11点にした後、次の選手(まなみちゃん)にアキュラシー(3点)を決められて逆転負けを喫すると言う、非常に面白いゲームになりました。

 複数でブーメランを投げる機会があれば、是非とも一度試してみて下さい!

 ※既に似た様な、あるいは全く同じゲームをしていますという方がいらっしゃった場合は、悪しからず。<(_ _)>
  • 2015.03.22 Sunday
  • 17:43

Comment
Send Comment