Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

ブーメラン世界大会日誌2012

ブラジル世界大会日誌2012(その3)「ITU(イトゥー)市観光は楽しめたのか?」

日本人は、エンジョイ(楽しむ)するのが下手だ。

楽しんでいる事に罪悪感を抱いてしまう事さえある。

僕も同じ。

2008年のシアトル世界大会の時は、大会中、イチローの試合を見にシアトルマリナーズの球場に足を運んだり、大会後も数日残って観光をした。

 だが、、日本に帰ってから妙な罪悪感が、、

 自分だけ楽しんでいいのか?

 また、家族からも同じ様な事を言われた。

 ※家族も日本人なので、当然同じ価値観を持っている。

 で、2010年のイタリア(ローマ)での世界大会の時は、ほとんど観光をしなかった。

 (ほぼず〜っと大会のフィールドで、ブーメランを投げていた)

 なので、罪悪感は少なくなったのだが、

 ローマになんて、今後2度と来れないかも知れない、、なんてもったいない事を、、

 と、日本に戻ってから今度は後悔の念が、、。

 世界大会に参加するヨーロッパやアメリカの選手は、バケーションも兼ねていて、見るからに楽しそうだ。 家族や恋人を同伴している人も多い。

 彼らは、ちゃんとした楽しみ方を知っているのだ。

 (家族も一緒にってのが1番いい方法でしょうね。経済的に難しいけど、、)

 ブラジルは、イタリア以上に、まず2度と訪れる事は無いだろう。 ローマの時みたいに後悔はしたくなかったので、今回は観光を含めて、とにかく楽しむ事にした。

 と、前置きが随分と長くなってしまったが、

 10月18日(木)

 この日は、まず大会の会場となるフィールドに行ってみた。

 フィールドはとにかく、広い!

 完全な芝生では無いが、ローマの悪夢のグラウンドと比べたら、かなりいいコンディションだ。

 少し高台になっていて、眺めも最高だった。

 ↓ブラジル世界大会のフィールドからの眺め。

 

 ここで、僕ら「昇龍チーム」のメンバーで軽く練習をした

 ↓練習中。

 

 写真左から、村田さん、影光君、立花君、篠田君。

 村田さんは、僕より10程年長で、影光君と立花君と篠田君は現役の京大生。あと、ここには写っていないが、サワコさんもうちのチームのメンバーとなっていた。老若男女の混成チームだ。(笑)

 ※サワコさんは、世界女子選抜チームの枠で参加する予定だったのだが、今回、そのチームを編成する事が出来なくなった為、人数が1名不足していたうちのチームに加わる事となった。

 この日のTwitterには、 「練習で左足太股の裏が攣りそうになる。長旅の疲れと、暑さの為だと思います」とある。

 ブラジルの10月は初夏になる。そう、昼間は暑かったんだよね〜f(^ー^;

 軽く練習を終えた後、

 主催者が手配してくれていたバスで、会場のグラウンドから近いITU(イトゥー)市の観光へ。

 今回は、全ての観光に参加する予定だった。

 ITUとは現地(原住民)の人の言葉で、「大きい」と言う意味で、街には大きなオブジェが沢山あった。

 ↓巨大な電話のオブジェ。

 

 ↓ 空が綺麗だ!

 

 ↓クリスチャンの街でもある。

 

 と、なかなか綺麗な町並みだったのだが、、

 サンパウロ空港での「置き引き未遂事件」のおかげで、周囲に睨みを効かせながらの、観光であった。

 なので、100%は楽しめていない。(苦笑)

 ※これは日本人だから云々ではなく、単に事件の余波の為ですが、、。
  • 2013.09.02 Monday
  • 12:54

Comment
Send Comment