Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

ブーメランイベント

ブーメランジャパンカップ初日(MTA・オージーラウンド)

 8月3日、新宿。 朝、9時30分。

 前日に発掘とネットショップの仕事をちゃんとやった後の高速バス13時間は、ボディブローの様にズシンと重く効いていて、しばらく体が揺れている様な感じが抜けなかった。

 新宿でNさんと待ち合わせして、山手線で秋葉原へ。そこから、つくばエクスプレスで千葉県の某駅着。(諸事情により某駅とさせて下さい)

 駅にはTさんがレンタカーで迎えに来てくれていた。駅から大会のグラウンドまで結構距離があったので、非常に助かりました。(Tさん、ありがとう!)

 会場は河川敷で、千葉県ブーメラン協会の皆さんが大きな日除けテントをたててくれていた。(椅子とテーブルも拝借し2日間快適でした。m(__)m)

 参加者は17名と少なく、、いや、1名来れなくなったので、16名。

 25人くらいは来ていると思っていたので、ちょっとガッカリしたが、(最下位でも16位やね)とも思う。(笑)

 初日の1種目目は、MTA。僕が最も苦手とする種目だ。

 世界大会では、今まで不思議となんとかなっていたが、国内の大会ではほぼ毎回ボロボロ。

 今回は、まず、ブーメランの調整が出来なかった。MTA(特に2枚翼)は、投げながらの調整が必要なのだが、1本も調整が出来ていない。

 唯一、調整がほとんどいらない3枚翼のカーボンだけを、直前練習で投げ込む。

 この練習はまずまずで、20秒を超えるタイムも出ていました。

 しかし、本番では、、

 1投目、墜落。

 2投目も投げミスでちゃんと飛ばなかったけど、なんとかキャッチだけはして13,67秒。

 3投目、墜落。

 4投目、投げミス&ドロップ。(キャッチしてても15秒程度)

 5投目、見事に墜落。

 5投全部、ブーメランを寝かしてしまってました。分かっていても直せない悪い癖です。(練習では寝かさず上手く投げれていたのに、、、)

 13秒くらいなら、トリガータイプのを投げた方が良かったかも知れませんが、、とにかく、チューニングが出来ていなかったのでね、、。

 結果は16人中13位と、かなり最悪に近いスタートでした。

 2種目目は、オージーラウンド。

 オージーは僕の得意種目で、何というか、今までの蓄積もあるので、練習不足でもなんとか格好を付ける自信はありました。

 直前の練習でも絶好調で、これはいけるかもと期待していたのだけど、、

 1投目、49mくらい飛んだブーメランは10m円内に入り、あとはキャッチするだけ。

 ここで、ブーメランをジャンプしてキャッチし、少しでもアキュラシーポイントを稼いでやろうと言う色気が出てしまい、ジャンピングキャッチ!

 するも、ブーメランをはじいてしまいキャッチ失敗。キャッチポイントの4点を失う。「MASAさん、何してるんですか〜?」と近藤女子に失笑されるが、このジャンピングキャッチ、実は密かに練習をしていたのだ。

 ブラジルの世界大会で、本田選手がアメリカの某若手選手から、

 「何で日本人はジャンプしないんだ?おまえ達はチキンか?」みたいな事を言われているのを聞いて、

 「よっしゃ!ジャンプしたろうやないけ!!!」と、何故だかしらんが、その時思ってしまったのだ。(本田君でも無いのに、、(^^;))

 で、密かにジャンピングキャッチの練習を積んでいたのだが、、

 僕は、この時、自分のミスにまだ気付いていなかった。

 練習では3枚の「アクセルオージー」を使っていて、ジャンピングキャッチをサクサクと成功させていたのだが、

 今投げているのは、変形2枚翼の「TONO」だと言う事を。

 そう、今まで「TONO」を使ってジャンピングキャッチをした事が無かったのだ。

 ↓ジャンピングキャッチを練習していたのがコレ。

 

 ↓ジャパンカップで投げていたのがコレ。

 

 2投目を投げる前に、

 「いや〜慣れない事をやるとあかんな〜次は普通に取るよ」と言っていたにも拘わらず、

 2投目、今度は50mを超えて飛んでくれたブーメランが、またもや10m円内に!

 ジャンピングキャッチのイメージは完全に出来上がっている為、思わず体が動いてしまい、ジャンプ!

 そして、ドロップ、、、。

 同じ事を2度も繰り返してしまった。

 またもや、近藤女史から「MASAさん、何しとんですか〜!」と今度は愛媛弁で叱責された。(苦笑)

 3投目は、50m飛んで、10m円内から外れたので、ジャンプする必要は無く、普通にキャッチして。10点。

 4投目と、5投目も無難にキャッチした。

 合計得点は53点で、順位は6位だった。

 タラレレバになるが、ジャンプしていなければ最低でも+8点の61点。

 この点数だと、4位タイになっていた。

 なんてバカな、、。

 これは、後から武富選手に聞いた話だが、アメリカ人達がジャンプするのは、キャッチしやすい3枚翼やファジータイプのブーメランを使用している奴が多いからとの事で、

 「TONOとか2枚翼は、普通にキャッチしても落とす事があるのに、ジャンプなんかしたらダメですよ」と、注意されてしまった。(^_^;)

 つづく

 ※ブーメラン競技の解説はコチラ→http://www.boomeran-shop.com/?mode=f3
  • 2013.08.21 Wednesday
  • 19:32

Comment
Send Comment