Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

ブーメラン選手養成講座

ブーメラン選手養成講座(その3) 「20m飛ばそう!」

  ブーメランの競技会に初めて参加した人によくあるのが、

  20m飛んでいないブーメランを投げてしまう事です。

  アキュラシー、ファーストキャッチ、エンデュランス、トリックキャッチ&ダブリング、オージーラウンドの5種目は、

  半径2mの円内からブーメランを投げて、半径20mのラインを超さないといけません。

  ※MTA種目のみ20mを超えて投げる必要はありません。

  アキュラシーで20m円を超えなかった場合は、ポイントゼロになります。

  ファーストキャッチで20m円を超えなかった場合は、1回にカウントされず、もう一度投げ直さなくてはいけません。

  エンデュランスも20m円を超えていない場合は、1回とカウントされず、何回投げても20m円を超えない場合は回数ゼロです。

  トリックキャッチ&ダブリングも、20m円を超えていないブーメランを見事にキャッチ出来たとしても、ポイントが入りません。

  オージーラウンドも、20mを超えていない場合は、ポイントが入りません。

  つまり、

  20mを確実に超えて飛行するブーメランを持っていないと、競技会に参加してもボロボロの結果になってしまうのです。

  20mを確実に超えているかどうかは、一人だとなかなか計る事が難しいです。

  20mのメジャー又は紐を使って、20mラインを部分的でいいので作り、投げたブーメランがその20mラインを超えているか、誰かに確認してもらう必要があります。

  自分一人の目測で、これは20m超えてるだろうと思っていても、実際は20mに達していない事が結構あるのです。

  投げる時にブーメランを寝かしてしまうと飛距離は落ちますし、風が強くても飛距離は落ちてしまうので、

  無風&微風で20mを超えるブーメランの他に、強風でも確実に20mを超えるブーメランが1本あれば、安心して競技に参加出来ると思います。

  ※「飛距離20m」と書かれているブーメランでも、投げ手のパワー不足や、投げ出しの角度、風の具合によって、20mまで飛んでいない事がありますので、事前に飛距離を計測すると言うのは非常に重要なのです。
  • 2011.09.13 Tuesday
  • 09:04

ブーメラン選手養成講座

ブーメラン選手養成講座(その2) 「1度見学して下さい!」

 百聞は一見に如かず!

 ブーメランの競技会がどんなものであるかを知る為に、とにかく1度見学をしてください。

 意外と少人数で、意外とフレンドリーで、意外とゆるく、、(笑)

 その場の雰囲気を知る事で、参加しやすくなると思います。

 見学だけするつもりだったのに、その場で「せっかくだから出ませんか?」と勧誘されて、参加された方も結構いらっしゃいます。

 前回の京都大会でも、アキュラシーだけに飛び入り参加された方がいらっしゃいました。

 そうです、、

  ブーメランの競技会は、飛び入り参加も可能なのです!

  (あまり大きな声では言えませんが、、f(^ー^;)

  ※一般の選手の方には、参加の締め切りがありますので、その期日を厳守してください。(飛び入りは初参加の方に限ります)

  ブーメランの競技会に参加するには、日本ブーメラン協会の会員にならなくてはいけないのですが、飛び入り参加者のご入会は当日でもOKです。※年会費2000円とエントリー代金(2500円〜3000円)が必要です。

  ※次回のブーメラン競技会は、11月に千葉県で開催される予定ですので、関東エリアの方は是非とも一度見学をしてみて下さい!(^^ゞ


  • 2011.09.09 Friday
  • 10:37

ブーメラン選手養成講座

ブーメラン選手養成講座(その1) 「まずは1種目!」

 ブーメランに競技会があって、2年に1度世界大会も開催されていると言う事は、一般の方にはほとんど知られていません。

 大会の模様がTVで放送される事もなく、スポーツ新聞に競技結果が載ることもないので、知らなくて当たり前ですが、、。

 今、日本国内で、ブーメランを投げて楽しんでいる方は結構いらっしゃいます。

 しかし、

 競技者としてブーメラン競技会に参加されている人の数は、毎回20名前後。多くても30名です。

 なんで、そんなに競技者が少ないのか?

 今、ブーメラン競技は6種目あって、その全部に参加しようと思えば、相当な練習が必要になります。

 ちょっと、参加する為のハードルが高いのです。

 よく知られていないブーメラン競技なので、これも当然知られていないと思いますが、

 ブーメラン競技会へは1種目だけの参加も可能なのです!

 アキュラシーだけに、または、ファーストキャッチだけ、オージーラウンドだけでもいいですね。

 1種目だけに参加する事を目標とすれば、競技会への参加ハードルは極端に低くなります。

 まずは、1種目のみの参加を目指してみませんか?

 この「ブーメラン選手養成講座」では、初めてブーメラン競技会に参加する、参加したい方の為に、ブーメラン競技について分かりやすく解説して行こうと思います。
  • 2011.09.06 Tuesday
  • 12:50

1