Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

ブーメラン世界大会2008情報

ブーメラン世界大会2008写真集(その3)

 8月27日

 ↓バウアー兄弟の車(運転はビリー)で小旅行

 

 ↓LD会場近くのロッジ

 

 ↓マニュのカーボンLDについて話し込んでいるLD野郎達

 

 ※このブーメラン欲しかったんだけど、まだ調整が出来ていないとの事で売ってくれませんでした。(残念)

 8月28日

 ↓シアトルの街中にあるトーテムポール

 

 ↓シアトル水族館にて撮影

 

 8月29日

 ↓スティーブの飼い犬

 

 ↓シアトルの空(その1)

 

 ※サングラスでは虹が見えてたんだけど、、残念ながら写っていません。

 ↓シアトルの空(その2)

 

 ↓シアトルのアート

 

 ↓スティーブの家の前で、僕らの写真を撮るカメラマンの卵(フランスのブーメラン選手)

 

 ※コレから世界中を旅すると言う彼に、こてつ氏から戴いた「雪風Tシャツ」をプレゼントしました。「これは物凄く遠くまで飛んで戻ってくるブーメランのTシャツだ。君と同じさ。遠くまで旅してまたフランスへと戻る!旅の無事を祈るTシャツだ!」

 と、(その3)はなんだか番外編になりましたが、、これにて世界大会シリーズは終了させて戴きます!(^^ゞ
  • 2008.09.10 Wednesday
  • 20:46

ブーメラン世界大会2008情報

ブーメラン世界大会2008写真集(その2)

 8月23日

 ↓ジャパンチームで借りた、巨大なレンタカー(8人乗り)

 

 この日、個人戦が2種目で比較的早く終了したので、

 ↓シアトルマリナーズの試合を見にセーフィコフィールドへ!

 

 ※ここに来て、やっとアメリカに来た〜!って感じになりました。

 ↓フィールド!

 

 ↓イチロー!

 

 ※イチローがヒットを放ち、マリナーズも久々の快勝でした!

 8月24日(個人戦最終日)は1枚の写真も撮れず。(忙しいと余裕がないです)

 8月25日

 ↓宿舎の窓から、富士山みたいな山を発見!

 

 ↓GEL DAYの朝、やっと横断幕を撮りに行く余裕が。

 

 ↓チェット・スノーファーの弟子でナイスガイのマーク・レッグ選手(米)

 

 ↓H2H(勝ち抜き戦)のMTA種目で、マニュエル選手を破って優勝した米谷選手!

 

 ↓個人戦の表彰式での1枚。

 

 ※左から、トギー選手(MTA種目2位)・ベッチー選手(女子総合優勝)・MASA(アキュラシー種目20位)←個人戦ではこれが1番いい成績ですので、、(^_^;)

 ↓みんな酔っ払ってます!

 

 ※左から(FOX社長の娘さん・ムラタさん・フクダさん・僕)

 ↓世界の女子2強!

 

 左(近藤さん・世界女子2位)右(ベッチー・世界女子1位)
  • 2008.09.10 Wednesday
  • 08:18

ブーメラン世界大会2008情報

ブーメラン世界大会2008写真集(その1)

 ブーメラン世界大会の期間中に、まだまだ沢山の写真を撮影しておりましたので、今日から3回に分けて、日にち順にずら〜っとUPさせて戴きます。

 8月17日

 ↓アメリカでの初めての食事!

 

 8月18日

 ↓練習中の世界女子チームのサワコさん

 

 8月19日

 ↓試合直前の昇龍チーム

 

 8月20日と21日は1枚の写真も撮影できていません。(^_^;)

 8月22日

 ↓ストレッチ中の濱口選手

 

 ↓団体戦終了後の侍チーム&昇龍チーム&アメリカのマット&ローガン

 

 ↓パイまみれのフリド

 

 ↓団体戦優勝のドイツチーム

 

 ↓団体戦アキュラシー1位決定戦(ホンダ選手VSギュンター選手)

 

 ※2チーム(侍&Bモーション)が同点だった為、室内ブーメランのMTAで盾の保持者を決定しました。

 ↓コチラは3位決定戦だったかな?(マニュエルVSドイツの選手)

 

 ↓団体戦8位の昇龍チーム

 
  • 2008.09.09 Tuesday
  • 17:14

ブーメラン世界大会2008情報

審判は大変でした。(^_^;)

 ブーメランの世界大会の団体戦では、1チームから1名審判を出さないといけません。

 僕も4,5回審判に回ったのですが、、この審判がめちゃくちゃ大変だったのです。

 まず、チームMTAで審判デビュー。

 椅子を持って行き座りながらタイムキーパーをするかな、、と思っていたのですが、

 ドイツのギュンター選手に「お前は審判なのか?」と聞かれ、

 「よし、お前は選手のそばを一緒に走ってキャッチが成功したかどうかを見極めてくれ」と、1番しんどいランナーの役割にされてしまいました。

 それから、選手がMTAを投げるたびに選手と一緒にダッシュ。

 風が結構あったので、7,80m走る事も多々あり、ヘトヘトになってしまいました。

 しかし、周りを良くみると、選手と一緒に走っているのは僕だけで、他のグループはラインの外で立ったままキャッチのチェックをしています。

 ドイツ人はまじめで厳格なので、ドイツ人がいるグループは審判も色々と厳しいのです。

 チームMTAが終わった後は、汗だくで、正直、競技に出る以上に疲れました。

 で、次のチームMTAでも、僕が審判だったのですが、

 審判が集まる場所で真っ先に、「僕は100m円の反対側でラインジャッジをやるね」と先に楽な役割をゲット。

 そこに、先ほど僕にランナーを命じたドイツのギュンター選手がやって来て、

 「ああ、またお前がランナーかい?」とニタニタ笑いながら聞くので、

 「ノー!アイムラインジャッジ」とキッパリ断りました。(▼_▼;)

 で、

 この回はギュンター選手がランナーをやる事に。(笑)

 ※ジャーマンらしく、まじめにちゃんと走ってました。

 と、

 ノーと言える場面ではノーと言わないと、ず〜っとしんどい役割に回される可能性もあるのです。

 しかし、次のトリックキャッチ&ダブリングではノーと言えない場面が待ち受けていました。

 審判の集合場所に集まると、僕のサークルの他の審判は、イタリアチームの英語をまったくしゃべれない爺さんと、同じくイタリアチームの13歳の男の子、アレクサンドロの2人。

 審判は1チーム1名でいいのですが、この爺さんが英語をしゃべれないので英語を話せるアレクサンドロが手伝いに来ていた模様。

 爺さんと子供がパートナーでは、、

 俺がサークルマスター(主審)をやるしか無いじゃん、、orz。

 日本では1度も主審を経験した事がないので、世界大会が僕の主審デビューとなりました。

 アレクサンドロは以外としっかりしていて、彼にキャッチ名のコールとタイムキーパーとスコアーラーを任せました。(爺さんはその補助です)

 「サークル イズ クリア」とコールし、そこからすべてのキャッチの判定を僕がする事になりました。

 ※サークル イズ クリア・・・審判がサークル内に障害物がない事を確信し、投げてもいいよと言う合図の言葉。この言葉の前にブーメランを投げるとそのスローは無効になる。

 マスターズ(50歳以上)チームの爺さんたちが、「サークル イズ クリア」 コールの前に投げようとするので、あわてて「サークルイズクリア!」と言わなければならなかったり、(注意した後はコールを確認してくれました)

 アレクサンドロが僕のところに、「MASA、今のスローはタイムオーバーだ。15秒過ぎてたよ」とストップウオッチを見せに来て、

 (ああ、、やばい、、NGを宣言しないとだめだぞ、、)と内心焦っていたら、その選手がキャッチミスをしてくれたり、(なので宣言しなくてすみました)

 ※その時、アレクサンドロが5秒前のコールしかしていなかったので、そこからは、5,4,3,2,1とコールするように指導。

 とまあ、色々冷や汗を書く場面はありましたが、特にクレームもなく、なんとか無事にこの種目のサークルマスターを終える事が出来ました。

 アレクサンドロとは、アキュラシーでも一緒に審判する事になり、結構仲良くなりました。僕の名前も覚えてくれたしね〜(^^ゞ

 ↓アレクサンドロ (13歳だけど選手です!そして、なかなか上手です!)

 

 アキュラシーはオーストラリアの選手が主審をしてくれて、僕がスコアーラー。アレクサンドロはタイム気キーパーで、この時が1番楽でしたね。

 オーストラリアの選手はてきぱきと主審を務めていたし、やはり英語が完璧にしゃべれると言うのは強いです。(なんにしても、国際大会では英語は必要ですね)

 次回のローマまでには、英語ももう少し勉強しなくてはね、、

 ※実際、IFBAの会議で、「審判は英語をしゃべれる人にするべき」という議決がされそうになっていました。 「サークルマスターには英語が必要だけど、タイムキーパーやスポッターは英語をしゃべれなくてもいいだろう」と発言する人(デンマークの爺さん)がいたおかげで、この提案は可決されませんでしたが、、(^_^;) 
  • 2008.09.09 Tuesday
  • 08:11

ブーメラン世界大会2008情報

ブーメラン界のカリスマのスロー!

 今回の世界大会は、団体戦&個人戦両方の参加だったので、その間写真がほとんど撮れていません。

 が、

 マニュエル選手(スイス)が、団体戦のチームエンデュランスでブーメランを投げている時だけ、撮影が出来ました!

 ↓ブーメラン界のカリスマのスローです!

 

 

 

 力強いですね〜(^^ゞ

 今回、マニュエルと話すチャンスが多く、LDの事も少し聞くことが出来ました。

 「スイスは狭いイメージがあるんだけど、LDの練習が出来る様な場所があるの?」

 「ないよ。だからLDは全然練習していないんだ。唯一の練習は競技会の時の練習さ」

 サスガ、、天才です。(▼_▼;)
  • 2008.09.08 Monday
  • 21:33

ブーメラン世界大会2008情報

残念な出来事。

 素晴らしく充実した、楽しいシアトルでの世界大会でありましたが、

 その期間中に、一つだけ残念な出来事がありました。

 僕らが体験した出来事をそのまま書きます。

 シアトルに着いたその日、宿舎から歩いて試合会場のグラウンドのチェックに向かいました。

 グラウンドの偵察を終え、宿舎に向かう途中の階段(ワシントン大学の構内)で、

 50〜60歳くらいのアジア人の男性(僕らには彼が中国人の様に見えました)とすれ違いました。

 すれ違い間際に、その男性が何か僕らに向かって言葉を浴びせかけました。(内容は不明ですが、何か僕らを罵る様な口調でした)

 その時は、僕らが階段を大人数で塞いでしまう感じでしたので、その事を怒っているのかなと思いました。

 暫くして、

 階段を下りきった辺りから、先程の男性が大声で叫び始めました。

「ニホンジン!カカッテコイ!ジャップ!ファック!ニホンジン!カカッテコイ!」

 何人かJAPANの黄色いジャンバーを着ていたので、すれ違った後に僕らが日本人だと気付いたのだと思いますが、、

 みんなもの凄く嫌な気分で、宿舎へ戻りました。

 その国の印象は、こんな些細な出来事で決まってしまう場合があります。

 幸いにも、この出来事以降のシアトルはいい思い出ばかりでしたので、このネガティブな出来事は消し去られた感がありますが、、

 にしても、、

 彼は日本人に対してよっぽど嫌な印象があるんだろうな、、

 とか、

 ただ日本人だと言うだけで罵る彼の人格に疑問を持ったり、、

 色々と考えさせられる、非常に残念な出来事でありました、、(-_-#)
  • 2008.09.08 Monday
  • 11:23

ブーメラン世界大会2008情報

世界大会チーム戦!(昇龍チーム8位入賞)

 昨日で、「ブーメラン世界大会日誌2008」は一応終了致しましたが、シアトルではなかなか文章を書く時間が取れなかった為、現地で書いた部分の内容が、日本に帰ってから書いた部分に比べ、かなり薄くなってしまっております。

 なので、その部分の補足を今日から数回に分けて、「ブーメラン世界大会2008情報」のコーナー(フォルダ)に書いて行きたいと思います。(せっかくの貴重な体験ですので)

 まずは、昇龍チームチーム戦での戦いのレポートです。

 1番最初のアキュラシーは僕も参加し、結構風もあったのですが近藤さんとのペアでまずまずの成績でした。他のサークルでのトギーさん&ムラタさんペアの成績もまずまずで、この回のアキュラシーは5.6位くらいでした。

 が、、、スコアーシートの記載に不備(数字が読めない等)があった為、結果この回のアキュラシーの成績はキャンセルになってしまいました。

 この回1位だったドイツチームや2位だったオーストラリアチームは猛反発しましたが、結局キャプテンミーティングも開催されぬままのキャンセルでした。(-_-;)

 次のオージーはまずまずでしたが、

 その次のチームスーパーキャッチでちょっとピンチに。

 この種目はMTAを落としてしまうとポイントがゼロになるので、MTAが非常に重要なのですが、最初の回では4人中2人がドロップ。

 このスーパーキャッチは最後までなかなかうまく行かずでした。

 練習ではいい感じに飛んでいてドロップしそうな感じもなかったんだけど、本番になるとプレッシャーがかかるんでしょうね、、。僕はMTA種目は苦手で参加していませんでしたが、見ているだけでも非常に緊張しました。

 大会の進行が選手&審判のもたつきや雨のために遅れ気味で、3日間のスケジュールが4日間になりました。

 夜は毎日チームミーティング。

 3日目の成績が予想以上の8位でしたが、9位のチームとの差は僅か。

 その日のミーティングでは、「なんとか8位を死守しよう!」と盛り上がりました。

 ムラタさんも「よし、こうなったらつぶれてもいい!残り全種目出るぞ!、、、けど、トリックは嫌だな、、」(一同爆笑)

 ※この日のトリックのダブリングでムラタさんはショートを取られていました。(が、僕の目にはショートではなかったんですよね、、アレはミスジャッジです)

 で、最終日。

 僕も出場したオージーで3位を獲得!(コレは嬉しかったです)

 チーム戦最後のリレーでミスをしなければ、8位フィニッシュは間違いない感じでした。

 足に不安があったトギーさんも決意の出場で、ベストメンバーで臨んだチームリレー。

 僕は応援に回ったのですが、最後のムラタさんがゴールした時には喉がかれていました。

 そのとき競っていたオーストラリアチームには僅差で負けましたが、みんなノードロップでしたので、なんとか8位を死守する事が出来ました!

 「このチームは決して弱くないですよ」とトギーさんは言ってくれていましたが、チーム戦初参加者が僕を含め2人もいるし、ひょっとして最下位争いをしちゃうのでは、、という不安があったので、この8位は本当に嬉しかったです。 ※参加チーム数・・・18

 ↓チーム戦終了後の昇竜チーム。

 

 (左から、フクダさん・タケダ君・僕・近藤さん・トギーさん・細谷さん・ムラタさん)

 今回1番頑張ったのは間違いなく近藤選手でしょう。みんな彼女に言われるまで気がついていませんでしたが、なんと彼女だけが全種目に出場していたのです。

 スーパーキャッチのMTAも全部キャッチ!チームリレーもノードロップ!

 まさにエースの活躍でした。

 ↓個人戦でも大活躍だった近藤選手。

 

 ※個人戦・女子総合2位・女子種目別では3種目優勝!

 昇龍チームのみんな、本当にありがとう!

 初めてのチーム戦は本当に楽しかったです!
  • 2008.09.08 Monday
  • 08:01

ブーメラン世界大会2008情報

世界大会速報!「武富選手が連続キャッチの日本記録更新!」

 昨日、連続キャッチの記録会が開催され、武富選手が今までの日本記録を大きく更新する1260キャッチを達成しました。世界記録(1297回)まであと少しだったので非常に残念でしたが、雨の中の素晴らしい快挙です!

 ↓連続キャッチに挑戦中の武富選手

 

 ↓1260キャッチ達成直後の武富選手。

 
 
 ↓記念品のカウンター。

 
  • 2008.08.26 Tuesday
  • 22:59

ブーメラン世界大会2008情報

世界大会速報!「米谷選手がH2HのMTAで優勝!」

 GEL DAY でH2H(上位選手による勝ち抜き戦)が行われ、米谷選手がMTA種目で優勝しました!(H2Hでは日本人初の快挙です!)

 ↓決勝戦はマニュエル選手(左)VS米谷選手(右)
  
 

 ↓米谷選手。

 

  • 2008.08.26 Tuesday
  • 22:52

ブーメラン世界大会2008情報

EeePC(100円パソコン)購入!

  シアトルのブーメラン世界大会に持っていくパソコンとして、EeePC(100円パソコン)を購入しました!

 100円PCは人気が高く、

 北九州のコジマ・ベスト電器・ヤマダ電気には在庫無し。orz

 最後の頼みのアプライドで、

 「1台だけ在庫がありますが、、カラーがピンクなんですよ。」

 (ううっ、、ピンクか、、)暫し悩みましたが、ネットSHOPだと納期がギリギリだった事もあり、購入を決めました。

 ↓そのPCがコレです!

 

 このパソコンで、世界大会の最新情報を現地(シアトル)からお届けさせて戴きます!(*^^)v

 ※サスガにピンクはアレですので、昨日ネットで白のカバーシール(デザインシールダー) を購入しました。

 ※皆さんご存知だとは思いますが、100円パソコンと言ってもイーモバイルの2年契約が必要な為、イーモバイルの基本料金の¥2900×24=¥69600は最低必要になります。(月賦で購入するのとなんら変わりない感じですね)
  • 2008.08.07 Thursday
  • 10:25